ニセコサヒナキャンプ場

13日の午後から長〜い休暇に入ったいくいくの「キャンプしたい!美味しい物食べに行きたい!」との要望に応えるため、ニセコに行ってきました。ニセコサヒナキャンプ場です。

 

 

入って左手に、センターハウス。

 

 

 

 

 

ここは、共同のダイニングキッチンです。薪ストーブもあってゆったり出来ますね。

但し、この時期はカメムシへの注意が必要です。

 

 

カーサイトはこの道の左右、及び奥にあります。

 

 

 

 

うちらは右手前から3番目のサイトです。トレーラー入れても問題ない奥行きでした。

 

 

 

 

キャンプサイトも広いですね。石の炉が組まれていて、焚き火もOKです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

場内には至る所にキノコが生えていましたが、立派なベニテングダケもありますので、注意してね!

 

 

 

ホテルあしりニセコの温泉に浸かった後は、軽めの食事を取り、後は薪ストーブの火を見ながらまったり。

積雪時には奥のカーサイトは除雪が行き届かないため、手前の駐車場泊が出来ます。冬季1泊2日で1,000円。電源は800円。事前予約で駐車スペースの除雪を前もってしてくれるとのこと。使えそうだな。

 

 

6 件のコメント

田下 大海

このキャンプ場は、落ち着いた雰囲気ですねぇ~

炉など必要なものは揃えてくれていますね

スタッフの方のメセージングボード!こういうの好きです。

それにしても、見事なベニテンさん。

これが生えるって事は、食菌も良いのがある証拠。

機会があれば、私も行きたいです。

2011年10月24日月曜日 – 04:57 AM

 

 

やまだ

田下さん、

サヒナは個人経営とのことですが、良く造られています。

私も気に入りました。

さすがにキノコ狩りを楽しまれるので、良くおわかりですね!

実は、ヌメリスギタケを見つけました。

まだまだ他にもありそうですよ、ここは!

2011年10月24日月曜日 – 09:57 AM

 

 

うしじま

サヒナ。冬に一度行ったことがあります。

センターハウスの薪ストーブとあの待ったり感。

良いですよね~。

いくちゃんも成長してるぅ~~。

まもなくですね。

2011年10月24日月曜日 – 11:13 PM

 

 

田下 大海

しつこくって済みません。

「サヒナ」ってアイヌ語で何て意味だろうと、早合点し、

さんざん調べて、分かりました。「草」という漢字を分解したんですね?

いやぁ~「すっきり」な田下でした。

2011年10月25日火曜日 – 04:54 PM

 

 

やまだ

うしじまさん、

遅くなりました。m(_ _)m

冬季のここは使えそうですね!

いくも、どんどん大きくなってくるだけでなく、動きも活発になってきているので、「おぉ!」とか「くすぐったい!」とか独り言?が多くなってきてます。(^^)

2011年10月30日日曜日 – 10:31 PM

 

 

やまだ

田下さん、

遅くなりました。m(_ _)m

「サヒナ」はそういう意味だったんですか?!

知りませんでした。(^^ゞ

2011年10月30日日曜日 – 10:33 PM

2010年秋 : どんぐり山 きのこの会

いつもの只見「青少年旅行村いこいの森」をベースにきのこの会が行われた。

朝9時集合に若干遅れたため、皆とは別行動で、いくと二人だけでのきのこ狩り。

どこに行こうかな〜?そうだ!浅草岳で昔テレマーク1泊ツアーをしたときに、テント場にしたところがきのこ出そうだな。無ければ無いで、浅草岳登山に切り替えればいいや。

と言うわけで、浅草岳入叶津登山口を目指します。

登山口駐車場に着くと、なんと大型バスが止まってる! 他にもきのこ狙いと思われる支度をした二人組も。支度を調え歩き出すと雨がぱらぱらと。天気予報では曇りから晴れるとのことだったのに… のんびりと登り出すと15分ほどで20人程の団体に追いついた。さらに30分ほど登ると小三本に下りる道との分岐に着く。途中「ナラタケ」「ブナハリタケ」を頂く。

ここから下りながら目線を上下左右にしながらきのこ探し開始です。ここは「ナラタケ」が多いな。北海道では「ボリボリ」ですね。いくもやっと目が慣れてきて、一人で見つけられるようになってきました。

 

小三本に着くまでに一袋ぎっしりと! これだけ取れればもういいっしょ。引き上げ掛けると、二人組と会う。彼らは「ブナハリ」狙いのようです。途中、またもいくが良い「ナラタケ」を見つけ取っていると、60過ぎと思われるご夫婦が、「それ食べられるんですか?」と聞いてきた。簡単な注意をして教えてあげると、喜んで取ってました。

温泉で汗を流して、宿泊場所に戻ると、「ホンシメジ」焼いてあっから食べていいよ、とのありがたいお言葉!早速ビールで頂きました!「香り松茸、味シメジ」の通り良い味です。

皆が帰ってくると、まずは毒キノコや旨くないキノコの選別。

そして、早速下準備が始まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

石突きを取り、一度湯がいて、汚れを落とし、キノコご飯用とキノコ汁用に分けます。キノコご飯用は煮付けて味付け。

このあたりで手を引いて、こにくを焼き始めます。今回はいつもより少ない50人ほど。

皆さんのテーブルにお裾分け、代わりに一品頂く等して、今夜も盛大な酒宴となりました。

参加者の皆さん、ありがとうございました!

翌朝は、片付けの後、15周年の記念写真撮影。その後、一足先に失礼させていただき、羽田へと向かいました。

——————————————————————————————————

番外編、

昔採ったやつです。これが一番好きです。

 

 

 

 

 

 

4 件のコメント

田下 大海

良いですねぇ!しめじ系統が多いようにお見受けいたします。

50人で攻めたら、収穫量は圧巻でしょうね。

その場で湯に通すってのも通なやり口です。

うちは、大抵は同定しなければならない菌が混ざるので、

持ち帰り同じ事を家でするので、二度手間で、みんなこれを嫌がります。

でも汗水垂らして手に入れた収穫はたまりませんね。

日本酒にも良く合いますよね ^^

 

食菌大好き@旭川

2010年10月20日水曜日 – 07:40 AM

 

 

やまだ

田下さん、

 

はい、ボリボリもキシメジ科ですし、他の方が採ってきたものはムラサキシメジやイグチ、ナメコが多かったですね。ただ、猛毒のツキヨタケを採ってきた方とか、未だ未だ怖い方もいます。

 

確かにたっぷりの量だったので、翌朝お土産にしようかな、と思ったときには時すでに遅しで無くなってました。(^_^;)

 

本州のこの時期、本当に狙うならマイタケなんですが、ミズナラが見当たらなかったな〜。残念。

 

今回の日本酒も、田下さんがいっちゃった、あれでしたから。(^_^)v

またやりましょうね!

2010年10月20日水曜日 – 09:59 PM

 

 

うしじま

きのこ系がまったくさっぱりわからない???うちです。

うらやましいです。

 

ギョウジャみたく臭いが出ていればわかるんですけど・・・

2010年10月20日水曜日 – 10:37 PM

 

 

やまだ

うしじまさん、

 

沢やってると結構分かるんですけどね〜。そういえばトムラウシでも登山道にイグチが結構ありましたよ。

 

ありますよ〜、臭いのも! シシダケなんかも独特の香りで好きですが、臭い!という人も。でも、写真追加しましたが、やっぱりマイタケでしょ!

 

きのこは低い山でも採れるので、今度行きますか!

2010年10月20日水曜日 – 11:16 PM

大行沢(おおなめさわ)ー沢旅

毎 年恒例の関東沢屋交流会の何人かとのニセコパウダーツアー。沢屋交流会で久しぶりに全員揃った。皆それぞれ所属の会が異なるので沢は一緒に行ったことがな い。なので、ニセコチームで沢を一緒にやるか!と盛り上がった。沢旅を全く経験したことの無い、いくも結構興味を持ってくれたようだ。

大行沢、天国のように美しい沢!15年前に一度遡行している。

 

 

 

 

入り口のゴルジュは巻き、初心者でも何とかなりそうな処から入渓する。

 

 

 

途中の巨岩帯も難なく抜け、

 

 

 

 

10M二段の滝。

ここは空身でザイル確保してもらい、いくも難なく登った。

 

 

 

 

そして、そこから始まる沢では、みな子供に帰ります。

Movie

途中も午後から雨との天気予報は外れ良い天気。

 

 

 

 

最後の滝を詰めると避難小屋です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

13時に着き、タープの設営を終え焚き火の準備。しかし14時頃からの大粒の雨のため、避難小屋で宴会が始まる。いつしか雨も上がった。では焚き火だ!と言うことで…で、最後は覚えてません。(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心配していた沢旅であったが、楽しんでくれたようで満足満足!帰りにはタマゴタケもゲット!

 

 

 

 

 

帰りの登山道にある、雨滝。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来年からも、恒例になりそうですよ!